パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



エルミタの両替サギ


今日のフィリピン・インサイドニュースでの記事。

マニラ市エルミタ地区で両替商の客に少ない金額を渡す「コトン」と呼ばれる両替詐欺を繰り返す組織が活動を再開したようだ。警察は15日、組織のメンバーの1人を逮捕したが、金を取り戻すことはできなかったと発表した。
  組織のリーダーは逮捕を逃れ、見張り役の女を残して逃走した。この女は、1日200ペソで監視役として雇われ、マビニ通りのローズ両替商で監視役を務めただけで、組織の違法活動は知らなかったと供述しているという。
  10日には、銀行の職員がローズ両替商で200万円を76万4,000ペソと交換し、戻ってから数えたところ、43万2,000ペソ足りなかったという。
  情報筋によると、マルー・カバヨとして知られる組織のリーダーは、「バニェス」と知られる警官の恋人といわれ、逮捕するのは非常に困難だという。

---------------------------------------
今更という感じがしますが、活動開始というか常に活動しているのではないでしょうかね。
エルミタ地区は何かと滞在することが多いところなので、日本円の両替はやはりこの地区でやりますが、いつも決まったところでやっています。
あの地区で多数の両替商がありますが、だいたい安全なところというのは客もそれなりに入っているところ。
有名どころではEDZENですが、そのほかにEDZENの3件隣のTIVOLIとEDZENの向かいでセブンイレブンの隣のSHEEHA2が安全というか、妙な手品はしないと思います(笑)。
だいたいこの3件はほぼ同じレートで両替を行っており、差が出たとしても±5Pくらいです。
場所はハイアットカジノホテルを基点すると、マビニ通りをイントラムロス方面に歩いていますと、右手にセブンイレブンが見えてきますので、その隣にSHEEHA2.道路を挟んだ向かい側にEDZEN、その3件隣にTIVOLIがあります。
私はだいたい、SHEEHA2で両替することが多いかな。EDZENは時間帯を外すと大混雑で待たなければならないので、待つのが嫌いな自分はSHEEHA2を利用することが多いです。
5ペソの違いで時間をロスするのも嫌なんで人が少ないところを選んでます。もちろん、EDZENとSHEEHA2同じレートの場合もありますので。念のため。

ちなみに、道を歩いているときに紙切れを持って高いレートを売り文句に近づいてくるのは、間違いなく手品をする両替商へ引っ張り込むポン引きでしょう。
ですので決してついていかないように。

実は数年前に、一度だけこのポン引きにくっついて行ったことがあります。
手口は知っていて、レートも明らかに高めなことを言ってくるポン引きに連れられた場所は、マビニ通りから一本路地に入ったところ。
両替商の看板も何もなに普通の店舗のようなところでした。
店につくとポン引きはいなくなって、窓口のオバサン1万円だけ差し出して、どうするのかなぁと見ておりましたが、こちらに出そうとしているのが全部100ペソ札。
今から数えるよといい、私の目の前で100ペソ札を1枚ずつ数えて見せました。
確かに相当のカウントが終わりました。このオバサン、自ら間違いないでしょとかいいながら、お金を封筒に入れてやるといいます。

もちろん、私はお金が入った封筒をおばさんの目の前でもう一度自分で数えてみるといってあげます。そのときのおばさんの曇った顔を印象的でした。(笑)
おばさんは私にその封筒をくれと言い出します。もう一度数えてやると。
向こうもただならない気配を感じたのでしょうね。
このおばさん、何を言い出すかと思ったら、このお金は支払いをするところがあるんで、両替にはまわせないと言い出しました。それで私が渡した1万円札を私に放り投げるように返し、帰ってくれといいます。私を追い出すと、店のシャッターを一気に閉めてしまいました。
最初からそのレートで両替しようなんて考えてないんですからね(笑)

帰り道、私をその店に案内したポン引きがいました
いい両替商へ案内したのだからチップをくれと(苦笑)
「Tarantado ka talaga! Makapal ang mukha mo!」
こういい残してあとは無視して歩き出しました。
今考えてみれば自らトラブルの元に首突っ込んでいったのはリスクが高すぎたと反省。

ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

貴重?な体験されましたね!!

詐欺師に付随する二次被害が怖いです…

今思えばバカなことしました。(笑)
ホールドアップされなくてよかったと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/94-562df167

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。