パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



第2のやっちゃんと思ったら・・・古い話題ですいません


You Tubeで動画を漁っていたところで、偶然同じタグで登録されていた違う動画をみつけました。
あら、やっちゃんに続いて日本人がまたフィリピンのテレビに出るようになったのかなぁと思ってちょっと調べてみましたら・・・なんのことはない、2006年8月の話でした(笑)
彼の名前はJun Hirano(平野準)日比のハーフのようです。
彼が出演していたのが、ABS-CBNで放映されていた「Pinoy Dream Academy」というオーディション番組です。
彼以外にもオーストラリア、カナダ、アメリカ、オランダ、UAE、イタリア出身の人も出ていました。(おそらく彼と同じフィリピンハーフだと思いますが)

番組の流れはWikipediaの中で紹介していますが、彼は早い段階で脱落候補者として選ばれてしまいました。
ところがそこでからは自ら辞退することを宣言してしまったようですが、どうやらホームシックからくるところのようです。

Wikipedia - Pinoy Dream Academy

この後、番組の中でデュオを組んで歌った曲が「Arigato Tomodachi」というもので、これが私がYou Tubeで見た動画です。
ですがこの番組内で披露されただけで、楽曲としてはリリースされていないかもしれません。
それでもこの歌がYou Tubeに取り上げらたのは、日本語混じりの歌が珍しいのと、フィリピン人の間ではこのようなオーディション番組は人気があるので、注目されたのかもしれません。

前半は日本語で歌われており、後半はタガログで歌われているものですがセンテンス的には簡単なものなので覚えやすいと思います。

なんで日本語交じりなのかというのは。Wikipediaの中に書かれていることからもわかります。
Eman and Jun's composition "Arigato Tomodachi" had some lines in Japanese.The coincidence is due to the fact that Jun did not develop a fluency in Tagalog during his stay in the Academy.

エマンとジュンの作品"Arigato Tomodachi"は一部は日本語となっている。それはジュンがアカデミーに在籍している間にタガログ語の能力が発達させることができなかった事実と一致する。

やはり彼にとっては言葉の壁というものがあったのですね。
こうなるとコミュニケーションの中心は英語だったのでしょうか?

最後にYou Tubeのリンク貼っておきます。



ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/90-0a0afc1d

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。