パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



メトロマニラ圏外でも開発、建設ラッシュ


メトロマニラ圏でもコンドミニアムの建設ラッシュで、開いてる土地にはかたっぱしから建築しているような感じですが、メトロマニラを離れても建設ラッシュは波及しているようですね。

イートン・プロパティーズ・フィリピンが手がけるのはドバイのような近代型住宅を目指しているようですが、あそこって確かサッカーのベッカムだとか、ブラッドピットなんかも家を所有しているすごいところなのを前にテレビか何かで見た記憶がある。

ザ・パームがどんなもんかっていうとこんな感じです。



全長120?を超える海岸線の入り江に人工島をいくつも浮かべ、全体を俯瞰で見るとヤシの木をイメージしたデザインになる埋め立て地のリゾート。

一方のザ・ワールドはこちら。
the_world.jpg


世界地図をモチーフにして人口島を浮かべたリゾートで、ちゃんと日本に相当するものもあるようです。そうそうテレビでみたときに、日本に相当する島はすでに中国の大富豪が購入済みだったようです。

どちらのリゾートも家のほかに様々な施設が建設予定らしいですから、完成すれば一つの国のような感じですね
恐るべしオイルマネー。

で、これらはメトロマニラから外れて、ラグナ、リサール、バタンガスがターゲットになっているようですから、いずれも郊外で土地を確保して大規模な土地開発が進んでいることでしょう。
これで外貨が入ってくることはいいのですが、その先が肝心ですよね。
外貨を獲得してもそれを生かせるように成らなければ・・・・まぁ、当分は雇用が創出されるので一般市民にまったく関係ないわけではありませんが。
それにしても、リゾートじゃ普通の国民には手が出ないだろうなぁ・・・・やっぱりフィリピンの金持ちよりも外国人をターゲットにしてるのかな?

1月15日8時0分配信 NNA

 不動産開発を手掛ける地場の複数企業が、ラグナ州での住宅開発計画を相次いで打ち出している。多くの企業が生産拠点を構え発展が期待されるカラバルソン地域の中でも特に、マニラ首都圏に代わる成長地域とする見方が背景にあるようだ。

 実業家ルシオ・タン氏率いるイートン・プロパティーズ・フィリピン(EPPI)は、ラグナ州サンタロサで計画する住宅事業「サウス・レーク・ビレッジ」の建設に近く着手する。

   数十億ペソを投じ「南のマカティ」と位置付け1,000ヘクタールの用地で複合開発を目指す「イートン・シティ」事業の一環。人造湖に18カ所の住宅向けの人工島(各約1ヘクタール)を設け、米国サンフランシスコの「フォスター・シティ」やアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの「ザ・パーム」「ザ・ワールド」のような近代型住宅をフィリピンで初めて開設する。

   人工島には、各1,000平方メートルの面積を持つ8?12区画の分譲地をそれぞれ設置。同社の説明によると、販売価格は1平方メートル当たり1万?1万2,000ペソ。完成と引き渡しは2009年6月を予定しているという。

   一方、キャセイ・ランドはこのほど、今年中に67億5,000万ペソを投じ、サンタロサで10件の不動産開発プロジェクトを手掛けることを明らかにした。

   ゴルフ場を併設した建設中のリゾート施設「サウス・フォルベス・ゴルフ・シティ」では、◇タイ風の「プーケット・エステーツ」◇イタリア風ビラの「カステル・ロマーナ」◇豪華なアールデコ調の「マイアミ」◇シンガポール風の「セントーサ・ハイツ」◇シックな香港スタイルを基調とする「ビクトリア・ピーク」◇オフィス施設を備えた「フラートン」◇アールデコ調の「マイアミ・デラノ」――の7件のコンドミニアム開発に投じる。14日付スターによると、同社はプロジェクトを開始した2003年以降で既に125億ペソを投じているようだ。

   また、カナダ企業が一部出資するPAアルバレス・プロパティーズ・アンド・デベロップメントは、同州サンペドロの低所得者向けの集合住宅「セント・ジョセフ・ビレッジ」開発事業で、投資委員会(BOI)から税制優遇措置の認可を受けている。総工費は5億1,400万ペソ。15ヘクタールの用地に総床面積21?37平方メートルの住宅を設置するもので、1戸あたりの販売価格は40万?75万ペソという。

   さらに、フィリンベスト・ランド、サンタルシア・リアルティー・アンド・デベロップメント、クラウン・アジアの3社は、バンコ・デオロ・ユニバンク(BDO)と合弁企業を結成しラグナ、リサール、バタンガス各州にBDOが保有する住宅地を開発する計画だ。



ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

たしか相模原近辺にお住まいでしたか?間違っていたらごめんなさいです…
宜しくお願いしますね!!

比国も火山列島ですよね?

耐震性が凄く気になります…

コンドは手抜き、偽装が心配なんですがどうなんでしょうか?

>裂空ミスキタ

相模原近辺じゃないかな・・・・一応、神奈川ですが。
コンドはどうなんでしょう・・・・手抜きはあるかもしれませんが、偽装はあるのかな~?日本みたいな厳格な基準があるかどうか怪しいですが(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/63-4f7a2ea3

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。