パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



福岡の会社員、マニラで行方不明 強盗殺人も視野


う?ん、偽装結婚からみで殺人事件まで起きてしまっていたようですね。
毎日新聞では無職の男性となっていますが、他の報道では暴力団組員となってます。
現地の警察が絡んでいるところ見ると、日本から捜査員を派遣したところであまり協力的でなかったというのもうなずけるような気がします、いや、本当はうなずいちゃいけないんですけどね。
集団で偽装結婚をしかけた資金稼ぎなのか、単なる親族を日本につれてくるために行った偽装結婚なのか、どちらなんでしょうね。

1月10日17時31分配信 毎日新聞

 福岡市西区内浜、会社員、高木慎一郎さん(29)がフィリピンで行方不明になり、福岡県警は10日、高木さんが現地で何者かに連れ去られたと断定し、誘拐容疑で福岡・西署に合同捜査本部を設置した。この事件では、別の偽装結婚事件で逮捕された男女が「現地で殺害を依頼した」と高木さんの殺害をほのめかす供述をしており、県警は強盗殺人容疑も視野に入れて全容解明を進める。  調べでは、高木さんは昨年5月11日にフィリピンに渡り、マニラ市内のホテルにチェックインした。数日間滞在する予定だったが、同日午後9時ごろにホテルを出た後、行方が分からなくなった。県警は家族の捜索願を受けて捜査を開始。高木さんと同時期に、高木さんの知人の無職男(29)とその妻のフィリピン人の女(29)らが一緒に現地入りしていたことをつかんだ。

 県警はこの男女を含む4人が偽の婚姻届を提出したなどとして公正証書原本不実記載・同行使の疑いで逮捕。その後の調べでフィリピン人の女が「現地の警察官を務める親類に高木さんの殺害を頼んだ」と供述したため現地に捜査員を派遣し、捜査を進めていた。県警はこの女と夫が高木さんを誘い出し、女の依頼を受けた何者かが高木さんを連れ去ったとみている。

 県警は現地の捜査当局に身元不明遺体の記録を照会したところ、高木さんの特徴と似た刺し傷のある遺体がルソン島カビテ州の道路脇で見つかっていたことが判明。遺体は既に現地の墓地に埋葬されたといい、県警と現地捜査当局が昨年11月に捜索したが、遺体は見つからなかった。

高木慎一郎さんの行方不明から8カ月、捜査開始から半年。福岡県警が10日、合同捜査本部を設置したのは、現地の捜査が進まないなか、事件を公表することで世論の関心を高め、現地当局の積極捜査を促す狙いがある。  県警は午前10時から福岡・西署で、花田利夫・捜査1課長らが会見。これまで捜査本部を設けなかった理由について「高木さんが生きている可能性も否定できず、家族の心情を考えた」と説明した。

 県警は高木さんの遺体発見を待って殺人事件として立件する考えだった。しかし、昨年11月に現地に捜査員を派遣し、遺体が埋葬されたとされる墓地を捜索したときに、遺体は見つからなかった。ある捜査幹部は「現地警察の協力が十分得られなかった」と国外犯罪の捜査の難しさを明かす。

 03年の刑法改正で、海外で日本人が巻き込まれた重大犯罪で加害者が外国人であっても日本の刑法を適用できるようになった。しかし、現地での捜査権はなく、今回のように現地の実行犯が関与したとみられる事件では「現地当局に捜査を委ねるしかない」(県警幹部)のが実情。事件の風化を招きかねないとの危機感を持った県警は「殺害を依頼した」とする男女の供述などで、誘拐容疑が立証可能と判断し、捜査本部の設置にこぎつけた。

中国新聞

マニラで昨年行方不明になった福岡市のアルバイト高木慎一郎たかき・しんいちろうさん=当時(29)=をめぐり、別の偽装結婚事件で逮捕、起訴された福岡県前原市の暴力団組員(29)とフィリピン人の妻(29)が、福岡県警の調べに「高木さんを殺す目的で、マニラのホテルから誘い出した」と供述していることが十日、分かった。

 県警は同日、刑法の国外犯規定に基づき、誘拐容疑で西署に捜査本部を設置。高木さんが殺害された可能性が高いとみて、マニラに捜査員四人を派遣し、さらに調べを進める。

 組員夫婦はこれまでの調べに「(妻のいとこの)フィリピン人警官に殺害を依頼した。遺体は共同墓地に埋められたと聞いた」と説明。県警が昨年十一月、フィリピン国家警察の協力を受け、マニラ郊外の墓地を捜索したが、遺体は見つかっていない。

 調べでは、高木さんは昨年五月十一日夜、宿泊していたマニラのホテルから行方不明になった。県警は、フィリピン人女性との偽装結婚をめぐり、組員夫婦と高木さんが金銭トラブルになっていたとみている。

 組員夫婦と渡航した高木さんが帰国せず、家族が西署に相談していた。高木さんには日本に婚約者がいたが、戸籍上はフィリピン人女性と結婚したことになっている。



ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/59-e46689de

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。