パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



カーチェイス!?、タクシーを捕まえる


前日はメガモールでタクシーを捕まえるのに苦労したことから、FXのドライバーにタクシーが捕まえやすいところで止めてもらえるようにお願いしました。

この日は、私たちのほかに一人だけ乗客がおりました。
私はその一人分を除いた450ペソを支払いまして、その彼女は当然50ペソを払うわけですが・・・差し出したお金は1000ペソ札。
ドライバーは950ペソのお釣りを払わなければなりませんが、そこまでキャッシュはないようです。
ドライバーは当然文句の一つもいいたくなるでしょう。

あとで聞きましたが、たまにこのように50ペソの料金を1000ペソで払おうとして、支払いを免れる人がいるそうです。
ドライバーもお釣りを作るために何かを買うというわけにもいかず、仮にそのようにしたとしても、やっぱり1000ペソ札で支払うのは嫌がれるわけですから、最終的には50ペソを貰わずに済ませてしまうそうです。
同乗したこのババエも確信犯かもしれませんね。

さて、メガモールも近くなってきたところで、ドライバーが1台のタクシーを見つけました。
そこでかれは先ほどの私たちの約束を遂行します。
幅寄せをしてそのタクシーを道端に止めて、FXのドライバーが自らタクシーのドライバーに、マカティまでお客を乗せてもらえるか交渉をしてくれました。

幸いにもそのタクシーのドライバーがOKといったので早速乗り込みます。
タクシーのドライバー曰く、急に幅寄せをされてホールドアップにでも会うのかと内心ドキドキだったらしいです。(笑)

最初はメーターを使うことを嫌がりましたが、露骨に嫌がっているというよりも、フィリピン人特有のダメモトでいってみたという感じで、こちらがメーターにプラスしてあげるからということで、メーターもあっさり使ってくれました。

時間的に渋滞に嵌ることは予想としておりましたが、本当にエドサを走っている間はノロノロです。
本来であればこの時間は誠に退屈をするのですが、このドライバーというのが話し好きで、またその話が面白いこと!。
自分の半生記をそのまま語っていたようですが、それが波乱に満ちていて、それでも暗い過去を話すというような感じではないのです。
ドライバーも話すのが忙しすぎて、車線をコロコロ変更するということもありません。
道中は、私も終始笑いっぱなしで、ひさびさに顔の筋肉が痛かったです。

渋滞で時間は大幅にかかりましたので、メーターの料金も普段の倍にまで行きました。
確か220ペソくらいだったと思います。
最初に、ちゃんと上乗せしてあげるよ、と言いましたので、300ペソ渡して「Salamat!」と声をかけます。
こちらはそれと同時に車外に出ますので、ドライバーもお釣りは渡さなくてもいいものだと理解します。
そして彼も長時間の運転もなんのその、満面の笑みを浮かべて「Salamat sir.Ingat na lang kayo」と返してくれます。

たかだか80ペソなんですが、彼にとってはそれでも大事なチップなんでしょう。
こちらとしては、気持ちよくタクシーに乗りましたので、80ペソのお釣りをチップで渡すことに何の抵抗もありません。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/373-bf000088

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。