パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



出発当日?成田空港にて


出国審査を通過するのは当然のように早すぎますので、まずはエスカレーターを上ってみます。
成田エクスプレスの中で、軽くサンドイッチは食べましたが、まだ小腹が空いてますので、手っ取り早くマクドナルドへ。
小さい子供がいますと、レストラン等でゆっくり食事をすることもままなりませんので、こういうところが一番楽です。
案の上、食事の最中に飽きてしまったのか、しきりにベビーカーを飛び出そうとします・・・奥さんはそうそうに切り上げて席を離れていきます。

この日はあいにくの雨模様でして、2ヶ所ある展望デッキまで行ってみましたが、どちらも雨に濡れてしまうので、ちょっと長居して飛行機を見ようという感じではありません。
ここで時間を潰すのもやっぱり限界がありそうですね。
ここは諦めて出国審査を済ませてしまうことにしました。

到着時はそれほど出国審査場への列は長くなかったのですが、私たちが行く頃には北ウイングにも南ウイングにもそこそこの列が出来上がってます。
手荷物検査で面倒なことにならないように、ポケットのものはすべてバッグの中に。
そして今回手荷物で持ってきたノートPC(2台)は外に出します。
奥さんは、子供のミルク用の水と魔法瓶にお湯を持っておりますのそれも出しておきます。
子供がいるので液体物の持ち込みというのをはじめて経験しましたが、ボトルの状態で分析可能な液体分析装置?にボトルを載せて、さらにキャップを開いて匂いの確認でした。
乳幼児用の飲料用ということであれば、持込は認められます。
ちなみに機内持ち込みで、量的規制に関するリストが下記のリンクにあります。
量的制限の対象となる液体物のリスト


出国審査も無事に済ませまして、ここで子供をベビーカーから降ろしました。
待ってましたとばかりに走り回ります。
奥さんと私とで交代で子供を追い掛け回して、片方は免税店で買物をしたり、タバコを吸いに行ったりと・・・。

途中で、キッズルームがあることを知りまして、そこに2、30分いたでしょうかね。
その場で遊んでいた子どもたちは、欧米(英語を話してました)の子が3人、中国の子供が一人、あとは東南アジア系の子供が1人でした。

搭乗30分前になりましたところで、シャトルに乗りましてサテライトへ移動です。
搭乗口近辺で時間を潰すことにしますが、この頃になると子供が眠そうでぐずり始めました。

子供が泣いていますとやはり回りの注目をあびることになります・・・・
と、前方より「○○さん、なんでここにいる?」
声の主を見ますと、前の会社の時代にお客さんだった人です。
それと同時に、後方からも聞きなれた声が2名分。
やはり前の会社時代にお客さんでした。
会社が変わっても年に1,2回くらいは顔をあわせているのですが、頻繁に連絡を取り合っているわけではありませんので、まさかこのタイミングでフィリピンに行く、ましてここで顔をあわせるとは思ってませんでした。
で、泊るホテルも同じマニラパビリオンでした。(苦笑)
これが単独での渡比でしたら、間違いなくいっしょに遊びに行ってますが、今回は奥さんと子供同伴ですからね。
うまく時間がとれればご一緒したいところですが・・・まぁ、あちらもこちらの状況を十分理解してくれてますので、都合がつけばということでフィリピンの携帯電話の番号を交換しておきました。

いよいよ搭乗となり、乳幼児が同伴なので優先搭乗です。
まぁ、早く搭乗できたところであまり得にはならないのですが。
私の願いはタダ一つ、飛行中に子供がぐっすり眠ってくれることです!!


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/352-4d882d93

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。