パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



何がウケる? 日本の料理、食べ物


フィリピンで日本の食べ物、料理がいろいろと受け入れられています。
代表格は、やはり日清のシーフードヌードルでしょうか。
そのほかだと、吉野家の牛丼もチェーン店がフィリピンに出店しております。
私はまだ食べたことがないのですが、味付けは日本のそれとは若干異なるようです。
友達のフィリピン人が、日本で食べて気に入ったものをフィリピンの家族に商売をさせようとしているようです。
先日、調理器具や材料等を日本から大量に送っておりました。
さて、何を作って商売をしようとしているかというと「たこ焼き」だそうです。
ということで、たこ焼き器を日本で買い込んでいたようです。

一般的にはどうかわからないのですが、今まで私が会ったフィリピン人で「たこ」を好んで食べるという人がいませんでした。
中にはあからさまに「No」という人もいましたね。

宗教的には、ユダヤ教では「鱗のない魚」に属しているようで、敬虔な信者の方は食さないようですが、カソリックにこのような背景があるのでしょうかね。
かといって、ユダヤ教でのイカも同様に扱われているようですが、こちらはフィリピンでは普通に食されている。

あちら(ちなみにダバオです)で、いくらで販売するつもりか聞いてみたところ、4個で40ペソだそうです。
またずいぶん強気な価格設定だこと! といいますと「だって、日本からいろいろ送っているでしょ!」

たこ焼き器以外にも材料なんかも送っているようで、ようするにイニシャルコストが日本側でも負担しているので、その分価格に影響が来ているのでしょうか。

40ペソであれば、パレンケのトロトロで1食の食事が済ませられます。
ジョリビーなんかのファストフードのお店にいくとちょっと厳しいですが。
米好きのフィリピン人が、たこ焼きを食事がわりにするとは考えづらいですが、ミリエンダとして食べるのかな。

あとは、現地でどれだけ材料の調達ができるかでしょうか。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

今晩は。
私なりに考えてみました。
私は、味覚は鈍いし、美味しい物の経験も少なく、ビジネスも知りません。
その上で、私の考えたことです。

甘いものが、国境、文化、世代を超えて好まれるのではないかと思います。
渋い好みは難しい。
日本の甘い物は、そのまま海外に持ち込めるのではないか。
マニラで、鯛焼き屋をやってる邦人の記事がありました。繁盛してるようです。
しかし、たこ焼き、お好み焼きなどは、ひと工夫が必要なのかなと思いました。
寿司も、海外で食べると、甘すぎるような気がする。

Re: タイトルなし

マニラの鯛焼き屋さんの話は聞いたことがありますね。
甘いもの好きの国ですから、甘い食べ物は受け入れられるのではないかと私も思います。
回りのフィリピン人からよく聞くのは、同じ甘いものでもフィリピンのそれは甘ったるすぎるということ、日本のそれはそれほどしつこくなく程よいと聞きます。

シャリというかすし酢を作るときには砂糖を使っておりますよね。
砂糖と塩を加減、それにプラスして米がもの甘みとがうまくあわさるといい具合のシャリが出来上がるのでしょうが、そこは日本の寿司職人が心得ていることなんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/268-8d57a98b

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。