パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



不思議な存在・・・・見える人には見える・・・幽霊?


前回、「いとこの友達」という存在があるといいましたが、それは人間ではありません。
フィリピンではよく「Third eye」・・直訳すると第3の目・・・通常、人間は2つの目しか持ち合わせてませんが、特殊なもう一つの目を持っているという意味でしょうか。

来日してからすぐに、一人で家にいることを極端に怖がりました。
よくよく聞いてみると、ふらふらと家の中に入り込んできて、何か悪さをするわけではないのだけど、ちょこまかと回りを徘徊していたようなのです。
あるときに、家に入ってこないように釘をさしたところ、それ以降家の中には入ってこなくなったようですが、相変わらず玄関の近くの定位置に座り込んでいるようで、ちょっと出かけようとすると後をくっついてきていたようです。

容姿等を聞いてみたら、男性で33歳、服装はパジャマのようなものを来ているそうです。
当然、日本人のようですが、いとこは日本語を話せないのですが、意思の疎通はできるようなのです、

ある日、いとこを連れて鎌倉観光をしたときのことです。
定番である、鶴岡八幡宮でお参りをしたあと、どうせならばとゆっくり徒歩で移動してみようということになりまして、次に向かったのが銭洗弁天。
途中で短いトンネルがありました。
トンネルの入り口の手前には、ちょうど土地の分譲販売があって、
「こういうところに住むのも静かでいいね」
私がいとこに対していいますと、しばらくの沈黙の後
「・・・・この場所・・・絶対やめたほうがいい」
トンネルの上を見上げまして、上からこちらを覗いている男性がいるといいます。
どうしても、このトンネルをくぐらなければならないのかと聞いてくるので、もちろん、ここを抜けていかないと遠回りをしなければならないと告げて、ドンドン進んでいきます。

いとこは観念したように私の後ろに付いてトンネルに突入しましたが、一言ボソっとつぶやきました。
「端っこを歩こう」
なぜ? と聞いてみると道の真ん中に女の人立っているといいます。
もちろん、私にはそんな見えません。
女の人が立っているであろ近くを、いとこは怯えながら、それでいて歩調はあきらかに素早いものでした。

トンネルを抜けた後にいとこが私に聞きます。
「どうしてあの女の人は、背中に枕をつけているのか・・・・」
枕と聞いてなんぞや・・・と疑問に思いましたが、その謎はすぐ解けました。
彼女が見たものは、和服の帯が背中で結ばれたものです。
トで立っていた女性の服装を聞きますと、華やかな彩りの和装で頭が大きかったということで、おそらくは文金高島田のようです。
結婚式でのいでたちのようですが、表情は非常に寂しげなものだったようです。

銭洗弁天の前に到着しますと、岩場を切り開いたトンネルをくぐっていかなければなりません。
これをみたいとこは「怖い!」を連発していましたが、「神様いるところにお化けはいないよ」となだめすかしました。
まぁ、実際におばけとは遭遇しなかったようですが。

いとこは言います。
「どうして日本は幽霊がいっぱいいるの?」
むぅ?、実際に見たことがないので答えようがありません(苦笑)

ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

お久しぶりデツ

へぇ~

いとこさん 『霊視能力』が有るんデツね!!

オイラも幽霊は全く見る事が出来ません

逗子の小坪トンネルなんか行ったら大変な事になるでしょうね!!

Re: お久しぶりデツ

ミスキタさん、おひさ~

逗子の小坪トンネルっていろいろあるんですね。
そりゃ知らなかった!
何回か通ったことあるけど当然のように何も感じませんでした(苦笑)

ともだち

はじめまして PPFさんとVRAIさんのブログからやってきました。

面白い「いとこ」さんですね、やっぱり見える人には見えるんですね。

人によって感じ方が違うみたいですね。見えたり、感じたり 聞こえたり

私は何度か感じたことはあります・・・。次なる「いとこ」さんのエピソード待ってます。

Re: ともだち

Mさん、こんにちは。

せいぜい私が感じるのは「ラップ現象」と呼ばれるものぐらいですね。
それもほんとうにそうなのかどうかはまったく確証ないですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/248-45e06e37

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。