パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



マニラ湾カジノの着工延期


以前にマニラ湾に総合娯楽施設「バゴン・ナヨン・ピリピノ・マニラ・ベイ・インテグレーテッド・シティー」が着工予定だと書きましたが、残念ながら着工が延期になってしまった。
理由は金融危機による景気後退で、完成に至ったとしてもカジノ等の客の見込みが難しいとのようですが・・・。
私が知っている「アルゼ」はやっぱりパチスロ機メーカーです。
そのパチスロですが、店舗でのパチスロコーナーの縮小、はては店舗閉鎖と、パチスロ業界は冷え切ってます。
設置数が減少すれば当然、メーカーの生産、売り上げは落ちるのは至極当然の結果ですが、この打撃をアルゼも当然のことながら食らっているでしょう。
なぜ、ここまでパチスロの人気が落ちてしまったか・・・・当然、単純にパチスロ人口の低下ですが、若い人がパチスロをやらない----成人してもパチスロをする人が少なくなっている。
これらの人のお金がパチスロに流れなくなったこと。
それと、これは私がそのタイプなんですが、かつてパチスロをしていたが、やらなくなった人。
これはやはり「5号機」の誕生に尽きるでしょうね。
4号機時代は、負けるときもそれなりに額を負けることもあるけど、勝つときも大勝ちできるときがある----という夢というか欲を持てました。
ストック機、AT機といった、一度ツボにはまれば・・・という期待を抱かせてくれる魔性の箱を知ってしまったところへ、大変温和な性格の5号機はひどく退屈なものに感じました。
どうも、ストック機能やAT機能というものがギャンブル性が高いということで、規制されてしまったようですが、それと同時に人間の「金銭欲」を生み出さないものに変わって行ってしまったように思います。 出ダマに瞬発力のない5号機はひどく退屈なものでした・・・で、私もだんだんと足を遠のけることになったのです。

勘繰って見ると、一事業が思わしくなくて、資金調達もなかなか大変もんですから、頓挫しているのではないかなぁ?と単純に思ってしまいます。

配信元=NNA 

遊技機製造・カジノ運営会社アルゼ(東京・江東)は、国際金融危機の影響でカジノ市場の見通しが不透明なことから、フィリピンで計画するカジノ・ホテルの建設を、当初予定の今年2月から、今年末?来年初めに延期する方針を明らかにした。完成は当初予定の2010年4月から1?2年遅れる見通しだ。【吉岡由夏】

 アルゼは昨年、マニラ湾沿いのカジノ総合娯楽施設「バゴン・ナヨン・ピリピノ・マニラ・ベイ・インテグレーテッド・シティー」事業で、3億米ドルで30ヘクタールの土地を取得し、フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング(Pagcor)から暫定的なカジノ営業権「プロビジョナルライセンス」を取得した。カジノのほか、客室2,300室のホテル、世界最大の海洋水族館、スポーツアリーナ、巨大観覧車「マニラ・アイ」を建設する計画だ。
 
 同社の丹治幹雄専務執行役が18日、NNAに明らかにしたところによると、当初は今年2月に着工し、2010年4月にカジノをオープン、11年11月にホテルをオープンする予定だった。しかしフィリピンの規制問題で手続きが遅れたこと、また早期に完成したとしても金融危機の影響で多くのカジノ客が期待できないことから、着工を今年後半から来年初めに延期することを決定した。フィリピン経済区庁(PEZA)からは認可が下りており、当初4年間の法人税免除とその後の特別税率(総収入の5%)が認められるという。
 
 投資総額は2,500億円で、全額エクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)で賄う。丹治氏は「そのためにも、国内外事業の足場をしっかりと固めなければならない」と語った。
 
 同社は16日、09年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、最終損益見込みをこれまでの110億円の黒字から、60億円の赤字に修正した。売上高は620億円から、3分の1の210億円に引き下げた。
 
 金融危機による貸し渋りで、パチスロ店の店舗閉鎖・倒産が相次いだことからパチスロ機の導入台数が当初予想を下回ったこと、急激な円高とフィリピンに設立したアルゼ・ゲーミング・フィリピンズ(米国子会社アルゼ・ゲーミング・アメリカの完全子会社)を連結したことで約27億円の為替差損を計上したことなどが原因という。
 
 マニラ湾のカジノ総合娯楽施設では、アルゼのほかに2社が暫定的なカジノ営業権を獲得している。SMグループは3月までに着工の予定。地場不動産開発大手アライアンス・グローバルとマレーシアのカジノ大手ゲンティン傘下にあるスタークルーズの合弁会社トラベラーズ・インターナショナル・ホテル・グループの場合は、現段階で着工時期は未定だ。
 
 ■スロットマシン、月産500台
 
 アルゼ・ゲーミング・フィリピンズは、ラグナ州ビナンのラグナ・テクノパークに設置した海外初のスロットマシン製造工場を、4月に稼働する。PEZAから認可を受けている。
 
 当初は月500台を組み立てる予定で、50人を雇用する。8月からは板金加工も開始し、同じく50人を雇用し、計100人体制にする計画だ。製品は国内にも出荷するが、主に輸出向けで米国、豪州、南アフリカ、マカオ、そのほかアジア諸国に出荷する。
 
 「受注状況にもよるが、早ければ来年には年産1万台の生産体制を目指したい」(丹治氏)という。現在の工場はリースだが、将来的には自社工場を建設する可能性もある。
 
 またゲームの企画・開発は日本で行っているが、将来フィリピンにゲームのプログラミングを移管することも検討中という。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/228-4757000a

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。