パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



FEDEXのハブ空港がスービックから広州へ


仕事上でFEDEXをよく使っております。
日本から部材をフィリピンへ供給するとき、またフィリピンから日本へ向けて製品を出荷するときにと、緊急を要する場合にはFEDEXは重宝しております。

通常使っている輸送ルートですと、フィリピンに到着するのが翌々日の夜となりますが、FEDEXの場合ですと、日本からフィリピンへ送った場合、うまく行きますと翌日の午後くらいにはフィリピンサイドで荷物を受け取ることができております。
ルートは、成田?スービックが空輸となって、スービックからが陸路となります。
スービックがアジア地区のハブ空港としてFEDEXは位置づけとなっておりました。

ところが、フィリピンサイドのスタッフから連絡が入り、今後はFEDEXで送った場合は、翌日の午後に荷物を受け取ることは難しいとの連絡が入りました。
はて、どういったわけで、いままでとは違ったデリバリースケジュールになってしまうのかと、聞いてみますが、返ってきた言葉は「FEDEXに言われた」。
まったく、だからなんでそうなるのかというのを考えないかな?。
ひとまず日本サイドで他のスタッフがFEDEXに問い合わせをかけつつ、私はWebで探ってみました。
そうしたら昨年の12月18日付けでこんなプレスリリースが出ておりました。

フェデックス、広州白雲国際空港内新アジア太平洋地区ハブにて フライト・オペレーション・テストを実施

文中にこのような下りを見つける。


今回、新施設の本格稼動に向けた準備態勢を検証するためのテストを成功させたことで、2009年2月6日に予定している稼動開始に向け、準備作業の重要工程をまたひとつ完了させたことになる。

2月6日・・・・って今日じゃん! と事務所中があたふた。
ほどなくして、FEDEXから電話の回答もきて、どうやらハブ空港の移転はほんとうのようでした。
今後スービックのほうは使用しないとのこと。

今のところ確約できるのは、翌日の6時にはカビテには荷物を到着させることはできると言っております。

現在のところ、成田?広州と広州?マニラのフライトスケジュールが見えていないのですが、広州でのオペレーションスケジュール次第では、それほど差はなくなるかもしれません。
スービック?マニラの陸路が、広州?マニラの空輸に変わったと思えば。。。と、ちょっと苦しいこじつけ。
まぁ、基本的には、緊急を要さない場合を除いてはもう一つの空輸手段を使っているので、生産工程がまともにいっていれば、FEDEXは使わなくても済むはずなのですが・・・。

ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/222-d0754e84

FC2Ad

相続 会社設立

投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。