パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



ビザ代理申請で情報漏えいの疑い


昨日と今日の2日間、まにら新聞では日本滞在ビザの代理申請にかかわる、きな臭い出来事が起きている。

導入以前から、個人情報の漏えいに関して危惧する意見が多く聞かれていたが、やはり現実のものとなってしまった。
本来なら領事館業務として大使館でこなせば済むことをわざわざ外部に出す必要に「?」なのですが、状況からいって情報が漏れたのは間違いなさそう。
マニラから離れた地域に住んでいる人が、マニラまでいかなくても済むようにというのならばわからなくもないが、それにしても業者に丸投げのまま。 果たしてフィリピン大使館は楽をしている分、どれだけ他の仕事をこなしてくれるのだろうか。

ブローカーがコンタクトを取った元社員は、おそらくよりよい条件を提示されて中東ドバイでエンジニアとしての道を選んだんだと思うが、会社側としたら在籍中にスキルアップした社員は会社にとっては貴重な戦力、その戦力をこんな方法で持っていかれたのではたまったものではないでしょう。


--------------------------------------------------------------

在フィリピン日本大使館が2007年7月下旬から全面導入した査証(ビザ)代理申請制度で、首都圏にある日系企業(社員数約80人、うち日本人3人)が同年8月から08年1月にかけて比人社員の商用短期滞在ビザを代理申請した際、海外就労仲介業者とみられる人物から同社に「(申請者の)社員と話をしたい」などと不審な電話が再三入っていたことが分かった。
中でも、査証申請用紙に個人の携帯電話番号を記入した比人元社員は日本出張後に突然退社し、現在は海外で就労中。
--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
首都圏にある日系企業(社員数約八十人)が査証(ビザ)代理申請制度の導入に伴う情報漏えいの可能性を訴えている問題で、在フィリピン日本大使館領事部は十七日、「事実ならば代理申請制度の根幹にかかる。徹底的に調査したい」と指摘し、企業関係者らから詳しい事情を聴くなど調査に乗り出す方針を明らかにした。
--------------------------------------------------------------


代理申請を受け付ける民間業者は、コールセンターと旅行代理店のなど計12社のようですが承認したのは当然日本大使館。
申請者の個人情報などが外部へ漏えいした場合、代理業者側が責任を負う取り決めになっているというが、業者側の席にはもちろんのこと、大使館側にも運用面での見直しが迫られるのは必至でしょう。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


Bakit フィリピン?の最新記事はこちらから

関連記事
Loading



コメント

困ったことですね。

今のフィリピンの国家としての成熟度合いから見れば、さほど
驚かないかもしれませんが、困ったことではありますね。
ビジネスに利用されるだけでも、当事者としては困った問題
なのですが、もし、これが個人的な損害にまで及ぶとなると・・・・
恐ろしいことになってきますね。
在比日本大使館の今後の対応を興味を持って見守ります。

スナドリねこさん(町同心)さん

領事館業務の一環で行なっているのですから、当然日本の慣習というか法律にのっとって欲しいですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sanit.blog120.fc2.com/tb.php/118-faeb7eeb
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。