パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


何がウケる? 日本の料理、食べ物


フィリピンで日本の食べ物、料理がいろいろと受け入れられています。
代表格は、やはり日清のシーフードヌードルでしょうか。
そのほかだと、吉野家の牛丼もチェーン店がフィリピンに出店しております。
私はまだ食べたことがないのですが、味付けは日本のそれとは若干異なるようです。
友達のフィリピン人が、日本で食べて気に入ったものをフィリピンの家族に商売をさせようとしているようです。
先日、調理器具や材料等を日本から大量に送っておりました。
さて、何を作って商売をしようとしているかというと「たこ焼き」だそうです。
ということで、たこ焼き器を日本で買い込んでいたようです。

一般的にはどうかわからないのですが、今まで私が会ったフィリピン人で「たこ」を好んで食べるという人がいませんでした。
中にはあからさまに「No」という人もいましたね。

宗教的には、ユダヤ教では「鱗のない魚」に属しているようで、敬虔な信者の方は食さないようですが、カソリックにこのような背景があるのでしょうかね。
かといって、ユダヤ教でのイカも同様に扱われているようですが、こちらはフィリピンでは普通に食されている。

あちら(ちなみにダバオです)で、いくらで販売するつもりか聞いてみたところ、4個で40ペソだそうです。
またずいぶん強気な価格設定だこと! といいますと「だって、日本からいろいろ送っているでしょ!」

たこ焼き器以外にも材料なんかも送っているようで、ようするにイニシャルコストが日本側でも負担しているので、その分価格に影響が来ているのでしょうか。

40ペソであれば、パレンケのトロトロで1食の食事が済ませられます。
ジョリビーなんかのファストフードのお店にいくとちょっと厳しいですが。
米好きのフィリピン人が、たこ焼きを食事がわりにするとは考えづらいですが、ミリエンダとして食べるのかな。

あとは、現地でどれだけ材料の調達ができるかでしょうか。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する
スポンサーサイト


フィリピン料理を食す?ディヌグアン(Dinuguan)


先日、友達の子供が洗礼式=Binyag=ビニャッグ を受けてきたようです。
ちょうどこのときは別の用事がありましたので、招待は受けておりましたが参加しませんでした。
洗礼式の直後の食事会は、何人かでフィリピン料理の用意をしており、それをみんなに振舞っていたようですが、いろいろな料理を揃えたところで、すべてが掃ききれなかったので、みんなでテイクアウトして料理を持ち帰ってきました。
それがうちにも回ってきまして、その料理の中で、おすそ分けでいただいてきたものがしたの写真です。

Dinuguan

料理名が"Dinuguan"=ディヌグアンといいます。
料理名の由来は、タガログ語にある"Dugo"=ドゥゴ=血 の語源から来ているものと思われますが、その名前の通り、材料として"豚の血"が使われています。
これを直接作ったことはありませんが、おおまか調理方法は、  1.最初に玉ねぎ、にんにく、しょうがを炒める  2.豚のモツを入れてさらに炒める  3.豚の血と酢を入れて煮込む。
という具合です。
フィリピンであればパレンケ=palengke=市場等で、豚の血は手に入れることができますが、日本ですと手に入れるのは難しそうですね。 フィリピンのパレンケでは普通に豚を解体していますから、そのときに取れる豚の血を普通に販売しております。
それでも、近くにフィリピン食材を扱っているお店や、ネット上でも通販で豚の血を販売しているところを見かけます。
いずれも新鮮な豚の血を冷凍にしたものです。

見た目はやや黒っぽくてとっつきにくいものかもしれませんが、私にとっては好物の一つです。
血を使っているからといっても、血生臭いものではないように思います。
でも、実際のところ、これを食べられる日本人は多くないかもしれませんね。
やはり最初の見た目で引いてしまう人が多いようです。

ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。