パラサヨテキスト

フィリピンへのSMSならパラサヨテキスト
パラサヨテキストのフィリピン向け国際SMSテキストカードです。
フィリピンからの返信も1ペソでOK。
1枚1,000円で100通。お得なセット売りもあります。(3枚:2,050円より) 購入の際、キャンペーンコードの欄に「manila」と入力しますと、1枚につき20円引きとなります。
どうぞご利用くださいませ。

Google 

ギフト

ご家族・恋人の家・ホテルまで宅配いたします。EMS(郵便)で配送!送料高くないですか?フィリピン全域へお届け。

日清シーフードヌードル


フラワーアレンジメント

フィリピンへ宅配サービス きれいなお花をフィリピンの彼女、ご家族、お祝いにお送りいたしませんか?

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
フィリピンに関わりだしてまもなく10年。ときどきとんでもない国だと思うこともあるけど、怖いもの見たさで抜けられませんね?。フィリピーナの嫁といっしょにいての出来事、フィリピンに渡航したときの出来事など、フィリピンに関することをいろいろ書いていきたいと思ってます。
プロフィールに使っている写真は、フィリピンの俳優「Aga Muhlach(アガ ムーラック)」です。

お立ち寄りの方はぜひともコメントを残していってください。
また別フォームで問い合わせ、相互リンクの依頼も受け付けておりますのでお気軽に。


By: TwitterButtons.com

月別アーカイブ(タブ)

RSSフィード

フィリピン関連リンク

カテゴリー

参加中ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

あし@

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


カルデロン・のり子さんの両親、フィリピンから再入国


昨年の4月に、不法滞在により在留特別許可が認められず、国外退去処分となっていたカルデロン・のり子さんの両親が子供に会うための来日しているようです。

在留特別許可を巡り賛否両論あり、一家揃っての帰国か、のり子さんのみに在留特別許可を与える二者択一を迫られた結果、両親は退去処分となりフィリピンに帰国していきました

当時、私は、一家すべてに在留特別許可を与えるのもよし、もしくは3人とも退去処分にされてもやむ得ないであろうと思っておりました。
まぁ、ようするに「オカミの判断を尊重する」でした。
マスコミ報道が、どちらかというとお涙ちょうだい的な内容になっていて、ちょっと偏っているなぁという感想はありました。
そこへ国の判断としては、情状酌量した結果での二者択一の答えを出してきたのかなと思ってます。

本題はここからなんですが、通常、出国命令による出国した者には1年間、退去強制となりますと5年間の上陸拒否期間が設定されております。
しかし、今回の場合は、その原則から外れて、1年を経過したところで上陸許可を与えており、それは強制退去命令が出たときの「一時的に上陸特別許可を出すこともやぶさかではない」という、森英介法相(当時)のコメントがそのまま実現した形になった。

今回が特殊な裁定をはいえ、これは今後への判例になることでしょう。

最後に、両親の日本への渡航の際には身元保証人というものが立てられていると思います。
またフィリピンに帰国後、どのような職に就いたのかはわかりませんが、今回の渡航費用に対しての弁済能力があるだけの財力があるのかというと疑問が残りますので、この身元保証人が渡航費用が負担するのでしょう。
で、この保証人、のり子さんの面倒をみているという親戚の在日フィリピン人か、もしくは支援団体「信愛塾」でしょう。

5月16日 毎日新聞

国外退去処分:両親、フィリピンから来日 娘と面会目的

 日本生まれのフィリピン人、カルデロン・のり子さん(14)=埼玉県蕨市=を残し国外退去処分によって09年4月に帰国した父アランさんと母サラさんが来日したことが分かった。のり子さんとの面会が目的で、短期滞在するとみられる。退去強制で帰国した場合、5年間は再入国できない。ただ、森英介法相(当時)は、子どもに会うための短期滞在であれば帰国後1年たたなくても、上陸特別許可を出す姿勢を示していた。

 アランさんとサラさんは06年に不法入国していたことが発覚し、一家に退去強制命令が出た。のり子さんは日本で生まれ育ったことから家族全員の残留を求めた。09年3月、のり子さん1人だけに在留特別許可が出た。

ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する
スポンサーサイト


在日フィリピン大使館でパスポートの更新


先日、友人(フィリピン人)がパスポートの更新をしたいとのことで相談を受けました。
彼女の周りから聞こえてくる、更新の方法が千差万別ということで、確認のためにも私のところにも来たのでした。

さっそく在日フィリピン大使館のホームページを見に行ってみます。
在日フィリピン共和国大使館 http://tokyo.philembassy.net/

現在、フィリピンのパスポートは、日本と同様に機械で読み取り可能なものに切り替えております。

現在可能な申請方法は2通り。 必要書類を揃えて、大使館で直接申請をするか、オンライン申請をするかのどちらかになります。
FAXや郵便での申請は受付しておりません。

流れとしては、
申請=>本人確認=>受取となります。
ここで、本人確認というのがありますが、申請と本人確認は別の日となります。
フィリピン大使館まで出向き、申請を行なった場合でも、そのときに本人確認の日の日程を決めますので、もう一度フィリピン大使館を訪れる必要があります。

そこでお勧めなのが、オンライン申請です。
オンラインで申請を行い、後日メールにて本人確認の日程が知らされてきますのです、指定された日にフィリピン大使館へ出向きます。
パスポートの受取には郵便局で売られているexpack500を利用しますのです、引き取りに行く必要はありません。
この方法であればフィリピン大使館へ行く方法は1回で済みます。

必要書類等は下記の通りです。
1.申請用紙(オンライン申請をする場合には、必要事項を記入したあとにプリントアウト可能です。
2.パスポートサイズの写真3枚(背景はロイヤルブルー)
3.現在所有のパスポート
4.パスポートの各ページのコピー
  (a) 最初のページ(写真、名前等が記されているページ)
  (b) ビザのページ(最新のもの)
  (c) 最後のページ(発行者のサインがあるページ)
5.申請料(6,500円または50ドル) 6.expack500(表面には自分の住所と名前を書く)
そのほかに、 ・茶色のパスポート保有者はNSO発行の出生証明書の提出が必要です。 ・緑色のパスポート保持者はNSO発行の出生証明書の提示を推奨されております。


なお、写真につきましては、事前に用意したものを持っていくと、背景色が違うとか、写りが暗いとかで取り直しをさせられる(館内に写真撮影機があり)時がありますので、大使館で撮ったほうが無難かもしれません。
以上、詳細は下記を参照ください。
パスポート更新(英語)

またオンライン申請は下記から可能です。
Passport Online Application

ご訪問いただきましてありがとうございます。
お立ち寄りついでに下のバナーから投票いただけますと幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
ブックマークに追加する


投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。